声優のオーディションに受かるためのポイント

声優のオーディションに受かるには、ちょっとしたポイントを押さえておく必要があります。書類審査に通って、面接や実技試験まで行きましたら、せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、きちんとポイントを押さえておきましょう。オーディションで行われる実技試験には、必ず台本が用意されますが、当然一般的な漢字には読み仮名がふられていません。つまり、ここで漢字が解らなかったりしますと、台本を読んだ時に恥をかいてしまいますし、審査員に一般的な知識が無いと判断されてしまいます。そうならない為にも、普段から漢字には気を遣って、きちんと読めるように特訓をしておきましょう。よく出る漢字は抑えておくようにして、新聞や小説などの活字を読む機会を増やすことをおすすめします。オーディションでは最低限のポイントでつまづかないようにしましょう。

声優のオーディションで審査員が見ている事

声優のオーディションに受かれば、養成所に入る事が出来ますので、仕事の幅を広げるチャンスを作る事が出来ます。ですが、オーディションには色んな人が応募をしますので、沢山の中から選ばれるためにも、審査員の見ているポイントをきちんと押さえる必要があります。特に重要なのが、渡された台本をただ読むのではなく、どれくらいの理解力があるのかという事です。声優は単に台本に書かれているセリフを読めば良いという訳ではありません。その役柄の性格や心情に沿った声やトーンで、的確な表現をする必要があります。色んな心情を表現するためにも、普段から色んな台本やアニメなどを見て、きちんと感情移入が出来るようにしておきましょう。そうすれば、審査員の目に止まる演技をする事が出来るようになりますので、オーディションにも受かりやすくなることでしょう。

なりたい声優のオーディションを受けよう

声優と聞きますと、何となくアニメの声を演じている人というイメージが強いのですが、実際にはアニメ以外にも様々な仕事があります。洋画や海外ドラマの吹き替えの仕事や、ゲームの吹き替え、CMの声など様々です。ですので、声優になりたいという事であれば、単にオーディションを受けるだけではなく、その養成所や事務所がどんなジャンルに強いのかというのを見極めてから応募をする必要があります。また、オーディションを受けると言いましても実に色んな人が受けますので、受かる確率は相当狭くなります。少しでも実力を付けて挑みたいという事であれば、専門学校や養成所に通って、きちんとした実力を身に着けてから受けるようにしましょう。自分の夢を叶えたいという事であれば、単に色んなところに応募をするのではなく、事前にリサーチをする事が重要ですよ。

海外の人気声優(「鋼の錬金術士」エドワード・エルリック役)を招いた特別レッスンに参加できる! 体験レッスンで実際の声優レッスンを受けてみよう! 全国11ヶ所(東京・名古屋・大阪・札幌・仙台・新潟・大宮・浜松・岡山・高松・福岡)駅チカで通い易い! ずっと諦めていた夢ありませんか?たった1度の人生。1回くらい夢を追いかけたっていいじゃない。 声優のオーディションならメディア学院で現場で役立つ!